FP技能検定とは

ファイナンシャル・プランナー(FP)とは

ファイナンシャル・プランナー(FP)は、顧客の夢や目標を実現するために、必要に応じて他の専門家の協力を得ながら、貯蓄や投資、保険、年金、不動産、税金、相続など、トータルに資産設計・生活設計をプランニングし、アドバイスをしていく専門家です。

昨今の社会情勢や経済動向の目まぐるしい変化のもと、ファイナンシャル・プランナーのニーズは今後ますます大きくなっていくものと考えられています。

FP技能検定とは

ファイナンシャル・プランニング技能検定(FP技能検定)は、国家資格の一種であるファイナンシャル・プランニング技能士(いわゆるファイナンシャル・プランナー)に必要とされる知識や技能を評価する検定試験です。

FP技能検定には1級、2級、3級の3つの等級があり、それぞれに学科試験と実技試験があります。学科および実技試験に合格すると等級ごとにFP技能士(例:2級FP技能士)を名乗ることができます。

また、試験は、顧客の収入・支出、資産・負債、保障(内容)などのデータを収集し、現状を分析したうえで、顧客のライフプラン上の目標を達成するため、貯蓄、投資、保険、年金、税金、不動産、相続などについて、長期的かつ総合的な視点でさまざまなアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助するための知識が問われます。

(日本FP協会公式サイトより)

FP技能検定の試験機関について

他の一般的な資格試験とは異なり、FP技能検定は複数の試験機関(日本FP協会もしくは金融財政事情研究会)を通じて受験することができます。

FP技能検定の学科試験については、どちらの機関で受験しても試験内容は同一です。一方で実技試験については、日本FP協会と金融財政事情研究会とでは試験内容が異なります。

特に注意書きが無い限り、当サイトにおける「FP技能検定」は日本FP協会のものを指します。あらかじめご了承ください。

日本FP協会および金融財政事情研究会の詳細については、それぞれの公式サイトをご確認ください。

日本FP協会
http://www.jafp.or.jp/

金融財政事情研究会
http://www.kinzai.or.jp/

タイトルとURLをコピーしました